アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
人畜無害
ブログ紹介
親父のギャグにもっと光を
zoom RSS

猿でも分かる、統一候補の勘違い

2016/07/01 11:52
我が家の商売がら、(田舎の美容院)高齢の方が集まって世間話をしている。先日は、山菜の灰汁の取り方論議。

「としょりどは(年寄りたちは)まずくれ水投げで(黒くなった水を捨てて)・・・・」

お〜〜い貴女はとっくに80歳過ぎてますから〜〜〜



さて、参議院選始まっております

わが田舎町にも、野党統一候補という方の選車が来ていたみたいです

なぜ来ていたみたいですかというと

駆け抜けていったからです。


相変わらず民進党系は分かっていない

どこを向いて選挙をしているのだろう


いくら郡部の田舎町とは云え、1万票弱あるんだよ我が町(田舎無視かい)

中心部だけでも、5千票からあるのに、名前の連呼と見た事の無い先導役が手を振って

すごいスピードで駆け抜けていった


組織が無いかもしれんが、社民・共産合同でしょ

選挙部隊を引っ張る方が・・・策が無さすぎ



新聞等を見ていると各野党の大物と言われれる議員が

応援のため秋田に来ているみたいだけど

都市部での演説しかしない割に

自民党の組織選挙を悪い的な言い回ししているものだから、当然動員もしない


さらに、都市部の演説時間に合わせる為、田舎の遊説は猛スピードと言う訳だ




結果、都市部中心の選挙運動を展開している、という事かな


そう言えば

民進党や社民党のの有名議員が能代市に来て

街頭演説の一等地で20人の市民を前に訴えたらしいし


シールズだったかの何とかというお兄ちゃんが応援に来て

秋田駅前で50人の聴衆を前に応援演説・・・・だったらしいし



野党統一を強調しながら共通したマニュフェスト無し

政党の政策の提示も無し

安保法制の阻止と言いながら

個々の政党の安保に対する考えもバラバラ

さらに、相変わらず対案無しで、当選後の所属すら未確定


何をしたいのかわからん候補者に、投票しろと言うのだろうか



第一、田舎に於いては先導役の人が信用ないから街頭にすら誰も集まらん



集まってくださいと、前もって頼みに歩くとか

全くないもの、当たり前ですよ・・・人なんか集まりませんよ


アベノミクスは格差が広がるばかりで、地方切り捨て政治だ・・・

とかマスコミに対し言っているけど

地方(田舎)を切り捨て選挙をしているのはお前らだろう。


てなわけで、

自民党公認候補の遊説が何日の何時に

何処どこで街頭演説を行い、誰が応援弁士に来る


って連絡がきたので、近所の方々を集めたいと存じます



「近所の方を、何人でもいいので集めてくれませんか」・・・・てお願いされるのと

何も言わず駆け抜けるのと

どちらが気分が良いか?


いうまでもないと思いますよ!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


猿でも分かる統一候補秋田の事情「京野公子の怨念」

2016/04/05 07:56
BIGLOBEが悪いのか、私のパソコンが悪いのか、ネット環境が悪いのか、こうやってブログを書いているが時に、突然場面が戻ってしまい、30分もかけて打ち込んでいたブログが消えてしまう事がある。

全く頭にくるのだが、他のプロダイバーのブログ更新についてはそんな事件が起こらないので、BIGLOBEが悪いのではと思っているのだが、5行おきにバックアップしながら更新したいと存じます。


さて、衆参同時選挙はあるのか?

そんな事も踏まえながら各党がそれぞれの思惑で動いておりますが

その決定権は安倍総理、つまり自民党が持つわけですので、自民党衆議院議員の事務所をみているとなんとなく分かるのかなと

マスコミと野党があんまり煽り立てない限り

安倍さんは衆参同時は行わないと思いますが
(あれ?地元の衆議院議員事務所、少しづつ動いているなあ)


どの選挙区も同じだとは思いますが

秋田においては、民主党(現在は民進党)・共産党・社民党それに立憲ネットワークなるものが4者で集まって統一候補を模索しようとしております。

県内ではベテランとなる社民党の県議が中心的な枠割で動いているようですが、

相当に無理があるし、実現はしないだろうと、個人的には思っております
(あくまで、木の上の猿の意見ですが)

現状の参議院候補者は、それぞれ、自民党の現職石井ひろお(元プロ野球選手)

民進党は元参議院議員、松浦大悟(県連代表)

共産党は藤本友里を擁立予定。


社民党秋田は如何にも「反自民を一本化し、統一候補で対抗し安保法制を廃案に持ち込もう」
「大義名分を実現するためなら社民党は候補者を立てず、各党の繋ぎ役に徹する」

なんて事を言っているが、実際は擁立できる候補者もいないし、単独で勝てるだけの組織もない。

そこに出てきたのが「あきた立憲ネット」なる組織

前段の通り、社民党は独自候補者を最初からあきらめているものだから

4者で統一候補と・・・


ここにきて、あきた立憲ネットサイドが擁立しようとしている候補者が見えてきた

弁護士の京野氏

元衆院議員「京野公子」の息子さんだ

ところが、この京野公子さん元民主党なのだが

野田総理の消費税増税による社会保障の一体化法案に反対票を投じ、
民主党を除籍になるという大変男らしい女性

松浦代表の民主党には対抗馬を立てられ落選するという
民主党には恨みはあっても手を握るという事はないのでは

そして、社民党県連はどちらかと言うとこの立憲ネットの候補者を統一候補として動くのが
今後の衆院選を踏まえると党利党略にかなうわけだ

民進党松浦は自分が民進党公認の候補者となる予定であるし

且つて社民との共闘で当選した経緯から、本音は4者で自分を統一候補にと

喉から手が出かかっている

しかも、社民・立憲ネットから因縁の京野の息子が出て来るとしたら

4者から・・・・本家民進党に逆らってでも


「松浦を統一に」と、ダメなら4者から離脱だろう



結果!

秋田県の参議院選は

自民石井ひろお・民進松浦大悟・共産藤本友里・立憲社民の会(仮称)京野某と

なるに違いない


猿でも分かる秋田の参議院事情でした

さて、同時選挙の準備もしておくか!





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


祝 北海道新幹線

2016/03/26 10:19
16年ぶりのJRA女性ジョッキー藤田奈七子ちゃんが地方競馬の浦和競馬場で初勝利。おめでとう〜!しかも連勝で両目が開いた。ところが・・・・・

水を差すなよオジサン・・・スポーツ新聞によると

なんと初勝利のゼッケンが盗まれたらしい

しかも、この犯人、関係者を装い勝利の口どりの際もカメラマンになりきり

さらには、「浦和競馬場の記念品と管理します」などと言ってゼッケンにサインまで

埼玉県警におかれましては1000人体制ぐらいで捜査して絶対に捕まえてほしいものです


年末年始と自分の実力以上の役職で忙殺されておりました

商店会長・町内会長・氏子総代・消防分団長&仕事が二つ

歳末売り出しの招待旅行・初詣対応・町内会行事・秋田県の消防分団長一泊研修・義母の葬式・叔父の葬式
おたふく風邪の疑いの一週間の家庭内隔離生活等々きりが無い

ストレスからくる皮膚病による発熱なども有りましたが

取り合えず、2月に行った函館旅行で精神的なバランスを保つ事が出来ました


3月まで引っ張って新幹線開通に合わせればよかったのでしょうけど

年度末は商工業者・・・・休みを合わせるのが無理でした
画像

10月の消防団の旅行に引き続き

宿泊は常宿と勝手に息巻いている「ラビスタ函館ベイ」

前回と違い今回は
画像

函館山側の角部屋

行きつけの寿司屋(あれ?回っている)で皿を積み上げ
画像


行きつけの屋台で宴会
画像


日本一の朝食バイキングは前回食いそびれた
画像

プリンも戴きました

ただ、相変わらず盛り付け下手の朝食海鮮丼ですが
画像

美味かったです。
今度は、大盛イクラ丼と(イクラを大盛)お皿に刺身の盛り合わせで

イクラ丼お刺身定食にしたいと存じます

天気も良かったし
画像

ストレス解消出来たのは充分ご理解いただけたと存じます。

函館山の天気も
画像

最高でした。感動の涙で何も見えません

夏にはまた行く予定です。もちろん新幹線で

ちなみに、画像内の人相が悪い方々は私とは関係ありません


ではまた。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


猿でも分かる軽減税率の陰謀

2015/12/13 05:07
先日、靖国神社のトイレに爆発物が仕掛けられ、その犯人とおぼしき韓国人(あくまで容疑者)がいったん帰国した韓国から再来日したという驚くべき事件がありました。何故わざわざ戻ってきたのかという事より、問題は韓国大使館に報復として箱入りの「ウンコ」が送り付けられたことである。

間違いなく、世界各国の日本大使館は、反日の韓国人によって、糞まみれにされるであろう。


さて、民主党と維新とのゴタゴタ合併を、冷ややかに見ていたのだが

与党の軽減税率のゴタゴタも実に情けない

軽減税率

特に、生鮮食品や加工食品等一般に食品にかける軽減税率にに関しての事である

私の、あくまで持論から言うと・・・・反対である


理由は至極簡単・・・・これは国民の目を欺く

政府の陰謀だからである

「再来年の春から消費税は10%に成りますが、安心してください〇○ですよ」

いかにも低所得者対策、食品購入に対する負担感を無くする

みたいな言い回しで、食品は据え置きなんて事を言っているが

ふざけるなと


話はちょこっと脇道だが

先般、どこかの調査で「低所得者は歯の数と野菜の摂取量が少ない」などと訳の分からないことをネットで流している団体が居たが、馬鹿かと

ここに出てくる低所得者
おそらく所得の低い県、わが秋田県とか
お隣の青森・山形の野菜類の購買率が低いとか

入れ歯の割合が多いとか

そんな、都会のデスクの上での調べかと思うが


大体にして、我々地方の低所得者は・・・・野菜なんか店で買わねえだ!


どこの家も、自分の畑で採れた野菜を食うか、親戚が大量に持ってきてくれる野菜を食っているんだよ。

歯が少ない?はぁ〜〜?高齢化で入れ歯の割合が多いだよ


何をもって低所得者を見極めているんだ・・・・基準を変えろ



と、ここで話を戻すが


お気づきの様になりましたか

消費税を軽減すると言われる対象の食品類は(米・肉・野菜・魚など生鮮食品)


その殆どの価格が

市場で決まるんです

つまり、どんなに消費税が安かろうと、品不足で市場価格が跳ね上がれば

軽減税率の負担感の軽減という恩恵は・・・・無しに等しいわけです

言い換えれば、消費税3%の頃の白菜(この時期は欠かせないお鍋の材料ですね)が

8%の現代より倍の値段だよ・・・という事が現実にあるわけです


低所得者対策でも何でもない事がお分かり頂けましたか

おそらく政府は


市場価格を操作して2%程度の減額分は裏でなんとでも成ることを

低脳所得者に・・・隠しているんですよ

TPP導入で市場の価格がどう変化するか国民に見えにくい今こそ

軽減税率とか言って裏で隠し税収を稼ごうとしているに違いない



と猿は見抜いているのです。

どうだ・・・・これ、間違いない!


どうせ軽減するなら


ガソリン税とか、石油税とかに二重に税金(消費税)をかけるのをやめて下さいよ

冬、沖縄と違って雪国じゃあ灯油が無いと死ぬから(地方間差別だ)

だいいち、我々低所得者は・・・車でしか家族旅行なんて出来ないんですよ
画像
(外食は非課税に)

ついでに高速料金がまた1000円になれば

日本じゅう・・・・金が回りだすよ・・・・ね!


以上、猿でも分かる「軽減税率の陰謀」でした
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


猿でもわかる「道の駅で地域活性化はなるか」

2015/11/15 08:42
アンコウの美味い季節になりましたが(まだ早いか)、深海魚であるアンコウの仲間に提灯アンコウというのがいる。この提灯アンコウ、オスとメスの大きさが極端に違うそうです。

メスは成長すると大きいもので約60センチ。一方オスはと言いますと・・・・・なんと4センチ。

オスの仕事は、メスに寄生しての生殖行動のみであり、最終的にすることがないから生殖器のみに変体しメスに同化してしまうそうです。メスの中には多い方で10体ぐらいの生殖オスが同化している例も・・・あるそうです。

想像してしまう。


さて、ここのところ毎週の様に所属している団体の視察研修に参加している。

先週は、環境・エコ問題の研修という事で小坂町

今週は商工会関係
「道の駅と地元商店街の共存共栄」という事で横手市十文字へ

メインは道の駅十文字「まめでらが〜」
画像


まめでらが・・・は方言でして、意味としてはアントニオ猪木さんのあの名フレーズですかね?

「だ〜〜〜」ではないですよ

この道の駅は年間70万人のお客様が訪れる繁盛道の駅
単純計算で一日1900人強
画像


農産物の産直、地元加工品の特産品等々の販売実績として年商は3億5千万強

地元のある意味観光拠点にもなっている

運営主体は(株)十文字リーディングカンパニー

社長は秋田県では知る人ぞ知る「元十文字町長・小川健吉氏」

一時間ほど時間を作っていただいて、お話を伺った。

「道の駅」での地元の活性化、賑わいの創出は可能か

答えは「YES」である。・・・・・・と、感じました。

道の駅が繁盛するためにはいろいろな条件があるわけですが

道の駅ですので、駐車場が広いのは当たり前として

建物の最低限の条件、第一に「トイレは大きく清潔」&「トイレの入り口は店内」

道の駅に係らず、当たり前と言えば当たり前(外付けのトイレは店内誘客に結びつかない)

バスの添乗員さんも「大きくてきれいなトイレ」は立ち寄りの最低限の条件らしいです

十文字は近隣の増田町や横手市を含めリンゴ等果物の産地でもあるのだが

一つは「葉っぱビジネス」で有名な徳島県上勝町の様に

農家がPC/タブレット等で自分の製品の売り上げ状況がリアルタイムに分かる


しかも、自分の生産物の値段は自分が決めている

よって、生産者のモチベーションが上がる・・・確かにそうですね


また、一般的な産直にありがちな、登録農家の販売スペース枠を無くする

何も入って無い枠が数か所ある時点で、消費者は「あそこに行っても何もない」というイメージが定着してしまう


また、製品の積み方もスーパーマーケットとは違うという事

奥の製品が新しいなんて事をしたら、お客さんは農産品を雑に扱ってしまい商品そのものの価値を下げてしまう


品出しも、納入業者(農家)さんが他人の農産品を除けて置かないというルールを守り、置ききれない時は販売台の下のスペースに。社員さんはマメに見渡し農産品を頻繁に並べる。


失敗している産直は、品出しは農家個人任せ

社員は農産品が無くなっても農家に連絡もしなければ、製品が雑に置かれていても直しもしない。

これじゃあ、リピーターとは成りませんね

細かい事はまだまだいっぱいあり、書ききれませんが、

何より、お客さんの6割は地元の方々、無料バスを走らせたりして地元の高齢者の方々のたまり場になれるように努力しているとか。

地域に愛されないと他地域の方には絶対に愛されません。
と、社長&専務(横手市商工会長)が強く申しておりました


現在は、道の駅でありながら秋田市等に地元産の売り込みに店舗販売展開しているそうです


ただ、いう事を聞かない「テナント(飲食店)」を入れたのは

大失敗だった(内緒だけど)と申しておりましたので、オフレコでお願いします

30年にOPEN予定の二ツ井道の駅にぜひ活かしたいと存じます。


そうそう、能代市の観光拠点施設も・・・


私に任せなさい

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


都市鉱山の金脈

2015/11/07 07:23
秋と冬の境目は何時だろう。自分では鼻の奥に雪のにおいを何となく感じるとき、冬だな・・・と。北海道にいるときは雪虫を見たときだったかな。時に、紅葉が始まる前に雪が降るのが北海道、山を見て秋だ冬だと言えないことがあるなあ。


先日、秋田県鹿角郡小坂町へ視察研修に行ってまいりました


地元町内会の区長連絡協議会研修です。


エコリサイクルを学ぼうと選んだのが小坂町です。


かつては鉱山町として賑わっていたのだが

閉山と共に人口がおおよそ4分の一に

まあ。良くある話であるのだが


現在は鉱山における精錬技術を生かしエコリサイクルの町として

世界中から視察や技術を学ぼうと人が訪れるようです。

また、十和田湖がすぐそばという事もあり

観光にも力を入れております。平成の大合併時にも

国の言いなりになるものかと、単独立町で頑張っております

DOWAホールディングの企業都市と言っても過言ではないのかなと思いますが

私の好きな県内の町ベスト5に入る街です。
画像

小坂町と言えばまずは、ここ「康楽館」

日本最古の芝居小屋(現存する和洋折衷の芝居小屋として)です

この辺りは明治100年通りとして整備されており
画像

画像


鉱山事務所を再現した施設など、函館にでもありそうな建物などがあり

なかなかの雰囲気です



さて、今回はエコを学ぶ研修ですので多少触れます

現在の小坂は、いわゆる、「都市鉱山」なのです。

日本中から小電回収(携帯電話やパソコン等の小型電化製品)

その基盤から、DOWAが持つ精錬技術で「金・銀・銅・プラチナ・鉛」等々

あらゆる金属をリサイクル加工し取り出しているわけですが

例えば一般的な金鉱山と言われる基準は1トン当たり0,5gの金が含有されていれば良いそうで

平均的な金山では1トン当たり30グラムの金があればこの山には金があるなあと把握できるそうです


それではここ小坂精練所の都市鉱山で採出される金はどの位か


なんと・・・・・・年間・・・・

6トン(桃豚の産地ですが、豚6匹分ではないです)!

小電・・・・あなどれん

画像

画像

画像

最後に行った場所が

「誓いの丘」という場所でした

かつての小坂町は、精錬所から吐き出される煙、その煙害で

山々から木や草が消えたそうです

その山々を見たDOWAホールディングの前社長「吉川廣和」が

「同和興業がこの小坂からきれいな自然を奪ってしまった。何年かかろうが、何億掛かろうが同和があのきれいだった小坂町の自然を取り戻す」と誓い

小坂精練所を見渡せる丘に誓いの碑を建立したそうです

DOWAグループでは「グリーフィル小坂」という廃棄物最終処理施設を建設し

廃棄物処理&植栽事業を継続しております。
(能代産廃も見習え)

エコボランティの小坂町元助役の工藤さん曰く
「私ども小坂の人間は子どもの頃からこの排煙と共に生きてきました」と説明されました


確かに、帽子の下の工藤さんの頭は

見事に・・・・ツルツルでした


DOWAグループ・・・・・・なんとかしろ!







あきた鉱山盛衰記
秋田魁新報社
斎藤 實則

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あきた鉱山盛衰記 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


プロ野球に夢はあるのか

2015/10/27 17:18
函館の観光スポット「明治館」のトイレの案内が実にダンディだ。あ、レディの画像も撮ってくればよかった。
画像


以前も書いた気がするが

我が家ではプロ野球、いわゆるナイターを見ない。

それは、特にプロ野球ファンでは無い、という事もあるが

息子が高校野球をしていたせいなのか、プロ野球のダラダラ感が実に煩わしい


「もっと、ちゃっちゃと投げて打てよ」と思ってしまう


ただ、野球は見るのもするのも嫌いではない

甲子園野球なんかは、少なくとも東北北海道勢が残っている限り見る

今年は秋田商業「みちのくの星飛馬こと、成田翔君」実に頼もしかったし

世界大会、ドラフト会議など秋田の皆様を大変盛り上げてくれたのではないだろうか。


そういった点では、秋田の少年たちに大いに夢を与えた夏だった。




しかし、今年のプロ野球界・・・・ガッカリだ

そう、皆様ご周知の・・・野球賭博のことである

読売巨人軍の3人の投手


本来、少年たちに夢を与えるべき選手たちが

誠に残念だ


もっと残念なのは

何となく・・・マスコミ(読売グループ)によるイメージ操作なのか

賭博のことが関東一高のオコエ選手の話題や

高橋由伸ジャイアンツ監督就任等々で


どこかに追いやられた気がしている。

事件の印象がいつの間にか・・・・・薄くなった


この事件、ジャイアンツの誰が責任を取ったのか

原さんが辞めたのは優勝を逃したからであって

賭博ではないだろう・・・・・って


少なくとも

今年は、責任を取ってドラフトを辞退する

ジャイアンツにはその位の反省があってもよかったのでは

子どもの夢を壊した責任として



「監督を含めチームを一新して来年度優勝を目指し、一丸となって頑張ります」


せめて、そのくらいの気概がほしかったなあ


と、思う・・・・今年の秋で・・・・ある
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

人畜無害/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる